グローバル化が進む

ビジネスマッチングは各地の商工会議所や自治体などの公的機関においては古くから行われていましたが、近年では民間のサービス業者も登場しています。海外におけるパートナー探しを手がけるサービスも生まれており、経済のグローバル化に伴って今後いっそう普及が進むものと予測されています。 一口にパートナー探しといっても、その形態は多種多様です。自社製品を販売してくれる小売店を探している場合もあれば、逆に小売店が販売商品を探しているケースもあります。他にも業務のアウトソーシング、製造部品の調達、社内システムの開発など、ニーズはさまざまです。こうしたニーズを満足させる企業同士を結び付けるのがビジネスマッチングです。

こうしたビジネスマッチングは、従来は限られた地域ごとに行われるのが常でした。それこそ地方の商工会議所であればその会員企業同士を紹介したり、金融機関が融資先同士を紹介したりといったかたちで、比較的狭いエリアで数少ない選択肢の中でマッチングが行われていました。 しかし近年では通信技術の発展などにより、地理的な制約を受けずにパートナーシップを構築することが容易になりました。そのため、幅広い候補の中からベストパートナーを見つけ出すことができる環境が整ってきています。 現在は多くの経営コンサルティング事業者がこのビジネスマッチングサービスを提供しています。それぞれ得意な業種やマッチングスタイルなどに特色があるので、最適な事業者を選ぶことがパートナー探し成功のための第一歩となります。